ジョージ・ハリスンがパティに別れを告げた曲 Isn’t It A Pity

patty-boyd
ジョージ・ハリスンという人は、時に珠玉のバラードを生み出す才に恵まれていたと思うことがあります。

メロディーラインの美しさもありますが、独特のコード進行が彩りを添えてくる。

そんなジョージのバラード群にあって、とりわけ輝いているナンバーが、「Isn’t It A Pity」だと、私は思っています。

切々と歌い上げるジョージのこのナンバーは、やはりコード進行に極めて特徴があるのも事実です。

数あるジョージの作品の中にあっても、とびっきりビューティフルな一作と言ってもいいのではないでしょうか。

このIsn’t It A Pityですが、パティ・ボイドに別れを告げた作品だとも言われています。

話をエリック・クラプトンのことに向けてみます。

エリック・クラプトンは、ビートルズのメンバーとそれぞれ交流があり、現在に至るまでバッキンとして共演した回数も数えきれません。

しかし、私が知る限り、自身のライブ・ステージにおいて、ビートルズ達のナンバーを演奏したことはなかったと思うのです。

そんなエリック・クラプトンが、ジョージが亡くなった後年のこと、何の前触れもなく自身のステージでジョージのナンバーを演奏してみせました。

それこそが、Isn’t It A Pity。

ジョージがパティを思って歌ったナンバーをエリックが奏でる。

2人の友情とは、どれほどのものだったのか。
常人には、計り知れないほど深いものだったのでしょう。

そうでなければ、Isn’t It A Pityをセレクトするはずもありません。

それぞれのナンバーには、秘められた思いがある。
その物語を知りつつ、エリック・クラプトンのステージを見ていると、感慨もひとしおです。

後世まで語り継がれてよい名演だったと思います。
この演奏を生で聴けた私もそうだし、ファンの皆さんも幸せでしたね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]