ジョン・レノン 内面の発露 Isolation

5GrMf58
決して目立つ作品ではない。
大ヒットしたわけでもない。

それなのに、妙に心の片隅に棲んでいるナンバーというものがあるように思います。

私にとって、そんな1曲がジョン・レノンの「Isolation:(邦題:孤独)」。

切ないピアノに乗せて淡々と歌うジョンの姿が、目の前に浮かび上がるようです。

このナンバーは、題名のとおり、切々と孤独であることを歌っているわけですが、孤独とは本来、一人であるからではなく、他から理解されない状況において抱く感情かと、私は思います。

ビートルズで大成功をおさめ、世界中の誰もが知る存在となったジョン・レノン。
しかし、本当の自分を理解してくれる人はいないという思いの丈を時に静かに、時に叫びにも似た歌で表現したもののように思います。

ジョンという人は、ある意味強烈な発信力をもつカリスマであり、であるが故に敵も多かった。

誹謗中傷も多かったことでしょう。
人間であれば、傷つきもし、心が悲鳴をあげそうになることもある。

このナンバー、Isolationが収録されたアルバム「邦題:ジョンの魂」には、そんなジョンの心の発露が垣間見られる場面が幾度となく出てきます。
それが最も顕著に且つストレートに出たのが、Isolationではないでしょうか。

誰にでも孤独は訪れる。
一方、ジョンのように世界中から注目されるスターにとっては、その孤独の振幅も大きかったことと思います。

一人の夜に聴きたくもなるナンバーです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]