リンゴ・スター ボーカリストとしての魅力

20160202-00000851-bark-000-view
ビートルズというバンドにおいて特筆すべきひとつの点は、メンバー全員がボーカルを取れることもあげられると思います。

ただ、どうしてもジョンとポールという絶対的な存在がおり、続いてジョージも自作のナンバーを発表していたため、リンゴがメイン・ボーカルを担当したナンバーは、そう多くはありません。

しかし、私はリンゴの声を非常に気に入っています。

何ともいえぬ味わい深い声の持ち主だと感じるのです。

そんなリンゴの心地よい声にぴったりとはまった一曲が、いわゆるホワイト・アルバムのラストに収録された「Good Night」ではないでしょうか。

このナンバーは、一説にはジョンが息子ジュリアンのための子守歌としてつくったとも伝えられています。

出来るだけ甘い雰囲気で・・・と、ジョンは希望したそうですが、まさにリンゴのボーカルはフィットしていたように思います。

演奏には、オーケストラが用いられ、このナンバーのレコーディングには、ビートルズからはリンゴだけが参加したとも言われています。

ホワイトアルバムは、ある意味革新的なナンバーも数多く収録されていたわけですが、ラストにGood Nightをもってきたことで、救いの光が零れてくるようにおもわれます。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]