果てしなくビューティフルなビートルズ・ソング Here, There and Everywhere

4800Here, There and Everywhere
ビートルズは、ロックンロールをベースとして、斬新的な実験と天才的な発想によって、それまでにない音楽の形を構築していった希有な存在だと、私は思っています。

そのビートルズの魅力をさらに昇華させているのが、バラードの名曲をいくつも生み出していることだと言っていいでしょう。

1966年に発表されたアルバム「リボルバー」にも、秀逸なバラードが収録されています。

Here, There and Everywhere
続きを読む →

カム・トゥゲザーの難解性とエアロ・スミス

Aerosmith - Come Together
私の場合は、一人の弾き語りの際には、ビートルズ・ナンバーを好んで演奏しますが、バンド・プレイのときには、あまりビートルズは取り上げていません。
バンドの場合、どちらかというと、ブルース系のナンバーをプレイしているからです。

それでも、バンドの際にも、ほんの数曲はビートルズ・ナンバーを演奏することもあります。

そのうちの1曲が、「come together(カム・トゥゲザー)」。

ご存知、名盤アビーロードの冒頭を飾るナンバーですね。

このカム・トゥゲザーですが、コード進行が実にシンプルであり、且つ詩の世界は極めて難解という二面性をもっているように思えます。
続きを読む →