ジョン・レノンが書いた詩で多く使われた言葉 『Life』

john lennon
私がこれから書こうとしていることは、定説ではありません。
あくまで、私個人が受けている印象というもの。

ジョン・レノンが描いた詩の世界。
特に、ジョンが好んで使った言葉について、したためてみたいと。

『Love』?
それは、置いておき、私は『Life』という言葉に注目しています。

実際、『In My Life』や『A Day In The Life』のように、題名に使われている曲も存在するし、多くのナンバーの中に、『Life』という言葉が鏤められています。

ジョンとLife。

いみじくもジョンは、さあ!これから再スタートだ!と、ニューアルバム『ダブル・ファンタジー』を発表した矢先、凶弾に倒れます。

活動再開を告げる印象的なナンバーが『Just Like Starting Over(スターティング・オーヴァー)』だったと思うのですが、このナンバーの歌い出しも、今おもえば感慨深いものでした。

Our life together is so precious together
We have grown, we have grown

My LifeからOur Lifeになっているところに、ジョンの心中を私なりに察することが出来ます。

Lifeという言葉を好んでいたジョンの人生。
その最期が、あんな形であったことは、返す返すも悔やまれます。

ただ、ジョンの人生が、即ちドラマであったことを象徴すると思えなくもありません。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]