エルビス・コステロとAll You Need Is Love ~ 愛こそはすべて

6a00d8341c630a53ef014e8864497c970d
以前、この場でエルビス・コステロについて触れたことがあります。
あれは、ポール・マッカートニーとの共作についてのことでした。

ジョン亡き後、ポールはずっと相棒を探し続けていたのではないか?

「その曲はクズだ!」と、単刀直入に言ってくれる初めての存在がエルビス・コステロだったと・・・。

ある意味ポールは、エルビス・コステロにジョンの幻影を見ていたのかもしれません。

そのエルビス・コステロ。
フットボールでもリバプールFCをこよなく愛するという奴。

リバプールといえばビートルズ。
そう、エルビス・コステロは、ジョンのナンバーも歌っています。

それが、All You Need Is Love(愛こそはすべて)。

ジョンが、この作品をつくりあげるには、さほどの時間を必要としなかったとされています。
しかしながら、自らのナンバーなのに、歌いこなすには、かなりの苦労を要したと・・・。

たしかに、このナンバーがもつイメージ、イントネーションを表現するのは、かなり難度が高いと思われます。

それをウェンブリーの大観衆を前に、エレキ・ギター一本の弾き語りで披露したエルビス・コステロ。

原曲の味わいを損なわずして、そこには明らかにコステロ節が漂っています。
私、大好きなテイクです。

何でしょう、エルビス・コステロという人は。
まさに、センスのかたまり。

ジョンが歌うそれとは、また違った風味ながら、根っこには、同じ匂いを感じさせます。

こういう歌、演奏を聴くと・・・自分もやってみたい!このナンバーを!
って、気持ちになりますね。

エレキ一本で、ここまで聴かせるように、私もなりたい。
そんなことを思う月曜の日暮れ時でした。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]