デヴィッド・ボウイとジョン・レノンの共作

John-Lennon-David-Bowie-2
デヴィッド・ボウイの死は、私にとって、かなりの衝撃的ニュースでした。

まだまだ元気に活動してくれると思い込んでいただけに、突然の悲報に驚きつつ、哀しみに包まれた日でありました。

ポール・マッカートニーも、デヴィッド・ボウイへの哀悼の念を発信しておりましたが、デヴィッド・ボウイは、ジョン・レノンとも交流がありました。

実際、貴重な音源として、デヴィッド・ボウイとジョン・レノンが共作した作品も残っています。

デヴィッド・ボウイが、1975年に発表したアルバム「ヤング・アメリカン」に収録された「フェイム」(Fame)」こそ、そのナンバーです。

演奏面においては、ジョンはアコースティック・ギターで参加していると言われています。

実にビートの効いた気持ちのよいリズムですね。

この文章を書きながら、ジョン・レノンもデヴィッド・ボウイも逝ってしまったのか・・・と、胸にこみ上げるものがあります。

デヴィッド・ボウイファンの皆さんの中には、「ボウイは宇宙へ帰ったんだ!」という声が多くあがっている様を、私は実際沢山目にしました。

2人は天国へと召されましたが、彼等が残した作品が消えることはありません。

デヴィッド・ボウイにとっても、人生の四季を見事に完結した人生であったことでしょう。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]