サムシングを彩るリズム隊

tumblr_mk8bm4L9VI1r9wxpeo1_500
サムシングといえば、ジョージ・ハリスンの代表曲といってもいいでしょう。

美しいメロディーライン、切ないギターフレーズ。
いつ聴いても、素晴らしいな!と実感します。

さて、このサムシングですが、どうしてもジョージのボーカルとギタープレイに注目しがちですが、リズム隊の出色したプレイも見逃すわけにはいきません。
ポール・マッカートニーのベース、そしてリンゴ・スターのドラム。
続きを読む →

エイト・デイズ・ア・ウィークとリンゴのぼやき

BeatlesForSale_1
エイト・デイズ・ア・ウィークは、アルバム「ビートルズ・フォー・セール」に収録されたナンバーですが、曲調といいシンプルな歌詞といい、初期のナンバーの中にあっても人気の高いものではないでしょうか。

じわりじわりと湧き出てくるようなギターのイントロもいいですね。

ラブ・ソングにして、力強さ、彼等のエネルギーを感じます。

実は、このナンバーは、リンゴのぼやきにも似たつぶやきからヒントを得て作られたそうです。
続きを読む →

ジミー・ペイジが弾いたビートルズ With a Little Help from My Friends

Paul McCartney, Ringo Starr
ビートルズも後期へと足を踏み入れると、何とも形容しがたい緊張感が漂っていたように思います。

ちょっと触れば、崩れてしまうような危うさの中から、素晴らしい楽曲達が生まれて来た。

そんな中、「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」は、ほっとするものがあり、私も大好きなナンバーです。

リンゴを中心に、ジョン、ポール、ジョージと、全員が息を合わせて歌う。
歌詞ともあいまって、素敵な仕上がりに。
続きを読む →

ジョン・レノンが絶賛したポール・マッカートニー初期の名曲 All My Loving

with_the_beatles
ジョン・レノンの面白いところは、たとえ自分がつくったナンバーであっても、ポールの作品であっても、出来映えが気に入らなければ、「あれはクズだ」と、直言していたところにあると思います。

時に、容赦ない批判を向けることもあった。

でも、そういったことが出来るのも、ジョンとポールの間には、強い絆があったという証だとも思えます。

さて、逆にジョンは、素晴らしい!と思った作品に関しては、ポールのものであろうとも、しっかりと評価していました。

今回は、そんなジョンが、特に気に入っていたというポールのナンバーについて、ちょっぴり触れてみたいと思います。
続きを読む →