ポール・マッカートニー 珠玉の名作 「ザ・バック・シート・オブ・マイ・カー」

RAM_1400x1000
熱かったビートルズの時代が終わり、4人はそれぞれの道を歩んでいくこととなります。

そんな中、ポール・マッカートニーが発表したアルバム「ラム」は、ある意味、賛否両論に分かれた作品だったと言っていいでしょう。

いや、どちらかといえば、低評価を付けた人々のほうが多かったかもしれません。

しかし、このラムは、私が思うに優れた作品だし、そのラストを飾る「ザ・バック・シート・オブ・マイ・カー」に至っては、ポールの数ある作品の中でも、実に優れたものだと言えることでしょう。

ポールらしいメロディーラインと共に、楽調にドラマ性を感じさせる展開。

ラストへ向かうに、盛り上がってゆくボーカルの力強さ。

まさに秀逸。

このザ・バック・シート・オブ・マイ・カーが収録されたラム。

前述した賛否両論に分かれた理由のひとつは、この作品が発表された時期が、まだビートルズの時代から間もなく、世の中がポールに望むものが定まっていなかった・・・という点もあると、私は思っています。

ビートルズから離れたポールのスタートは、決して安穏な世界ではなかった。

それでも、音楽一筋に生きた男。
それが、ポール・マッカートニーであったということでありましょう。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]