ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンの共作 バッジ(Badge)

george-harrison-and-eric-clapton
ジョージ・ハリスンといえば、これからも私は、エリック・クラプトンとの友情に関して、綴ってゆくことになりそうです。

二人の間には、普通では理解できないほどの強い絆があった。

さて、ジョージ・ハリスンとエリック・クラプトンといえば、ホワイト・アルバムにおいて、ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープスの録音にクラプトンがギタリストで参加したことが有名ですが、その他にも、多々ライブ等々では、クラプトンがジョージのナンバーを演奏するシーンはありました。

そんな二人には、共作したナンバーが存在します。

そのナンバーとは、あのスーパー・ロック・トリオ、クリームの最後のアルバムとなった「グッバイ」に収録されている名曲バッジです。

バッキングにおけるギターのカッティングが印象的であり、曲途中でアルペジオに移行する際には、あの「ヒア・カムズ・ザ・サン」を思わせる展開が、実に魅力的です。

クラプトン自身、このバッジが、とても気に入っているようで、自らのライブ時にも必ず演奏する必須ナンバーになっています。

ライブの際には、MCをしないクラプトンですが、ジョージが亡くなった直後の来日公演の際には、バッジを演奏する前に一言、「For George」とつぶやいていたのを、私はしっかり聞き取りました。

おそらくクラプトンは、ジョージとの思い出と共に、このバッジを生涯大切にすることでしょう。

エリック・クラプトンがビートルズに参加した1曲があるとすれば、ジョージ・ハリスンがクリームに参加した1曲もある。
まさに、ロックの記念碑的な作品だと思います。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]