ジョージ・ハリスンが参加した覆面バンド トラヴェリング・ウィルベリーズ

ジョージ・ハリスンが参加した覆面バンド トラヴェリング・ウィルベリーズ
ロックシーンに、何とも不可思議なバンドが登場したのは、1988年のこと。

その名も、トラヴェリング・ウィルベリーズ。

ウィルベリーという姓を持つ人々によるバンドというコンセプトで、本名は明かされず、アルバムジャケットの写真でも、サングラスで、顔を隠しています。

しかしながらー!そのサウンド、アレンジ、曲想、詩を見聞きすれば、すぐに本人が特定できてしまうという、これまた不思議?ユーモラスな存在でもありました。

何せ、このバンドのメンバーは、大物にして個性派揃い。

ジョージ・ハリスン
ジェフ・リン
ボブ・ディラン
トム・ペティ
ロイ・オービソン
といった顔ぶれだったのです。

maxresdefault

なぜに覆面だったかというと、一番の理由は、メンバーが所属するレコード会社が、それぞれ異なっていたことがあげられます。

そういった事情もあり、レコード会社としても、プロモートはしていませんが、当然の如く、噂は世界中に広まり、セールス的にも成功を収めています。

また、曲の出来映えも評価が高いと言っていいでしょう。

さて、覆面・・・だと言っても、すぐに誰が参加し、歌っているか?などなど、判明してしまうのは、たとえば、ボブ・ディランならば、声や歌のフレーズを聴いただけで、ファンならば、ほんの数秒で分かってしまいますよね。

Tweeter And The Monkey Manなどは、もう完璧にディラン節だと思います。

このトラヴェリング・ウィルベリーズ結成にあたっては、やはりジョージ・ハリスンが、実現させたと考えてよさそうです。

当時、ジョージは、自身の作品をシングルで発売するにあたり、B面となる曲を録音する作業があったとのこと。

一緒に食事をしていたジェフ・リン、ロイ・オービソンと共に、預けてあったギターを取りに、トム・ペティ宅を訪問、その際にトム・ペティーにも参加を頼み、スタジオは、ボブ・ディランに借りるようになっていたそうです。

ジョージは、その場で、ボブ・ディランをも口説き、参加してもらうことに成功したとも。

ただ、出来上がった曲が素晴らしいもので、「このメンバーでアルバムを出してみないか?」という話に至ったようです。

それにしても、ここまで良く分かるメンバーであるのに、サングラスで、顔を隠しているところが、実にユーモラスでいいですね。

ある意味、ジョージが音楽を満喫、楽しんでいた一時期だと言ってもいいと思います。