演奏者としてのポール・マッカートニー

img_4
ポール・マッカートニーといえば、数え切れないほどの名曲を生み出した、文字通りのヒットメイカーだと言っていいでしょう。

特に、バラードやラブ・ソングでは、ポールの真骨頂たる永遠の名作が沢山世に出ていますね。

今回は、ポールを語るとき、ソング・ライターとしての才能への賞賛に比べれば、演奏者としてのポール・マッカートニーがクローズ・アップされる機会が少ないのではないか?
ということなどを書いてみたいと思います。

ポールといえば、ファンの皆様はご存じのとおり、本職であるベースは勿論、ギター、ピアノをはじめとする鍵盤、さらにはドラムスもこなすことができます。

ソロアルバムでは、すべてのパートを自分一人でプレイしたこともありましたね。

そのことごとくのパートの水準が、極めて高い。

paul-mccartney-1280x720

かのジョン・レノンが、ポールについて、こんなことを言ったという話を聞いたことがあります。

「ポールは、演奏者として、実に優れているよ」

ビートルズで、数々のナンバーを共に手がけ、演奏したジョンの実感なのでしょう。

ただ、さすがに皮肉屋さんのジョンだけあって、ただでは終わらなかったようです。

「でも、曲づくりは、もうちょっと勉強したほうがいいね」

何ともジョンらしい。

これだからこそ、レノン&マッカートニーなのでしょうね!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]