緊迫感に包まれたアビーロードの収録スタジオ ヨーコの存在をポールが語る

beatles-abbey-road
ビートルズとして最後に録音をしたのが、アビーロードですが、アルバムの出来映えとしては、見事!だと、私は思っています。

収録された楽曲達も素晴らしいし、コンセプトをもったアルバムとして、全体を通じて非常に完成度の高い出来映えとなっていますね。

しかし、後年ポール・マッカートニーが語ったところによれば、このアルバムの収録作業は、ある種異様な雰囲気の中で行われたとのこと。

そこには、ヨーコの存在があったとポールは言います。
続きを読む →