時間に追われる生活を皮肉ったジョンの作品 眠らせておいてくれ

Revolver
時にジョンは、時間に追われ、走り回る生活に対して、自虐とも思えるけだるい曲を創っていますね。

その代表格のひとつが、アルバム、リボルバーに収録されている「アイム・オンリー・スリーピング」だと思います。

このけだるい感じの歌、そして演奏は、絶妙な表現力ではないでしょうか。

続きを読む →