ポール・マッカートニーとエルビス・コステロ

Flowers In The Dirt
ビートルズ解散が近づくにつれ、4人はそれぞれのカラーを出し始めていきましたね。
このアルバムからだ!と、断言するのは難しいものの、おそらくホワイト・アルバムを区切りとして、目指すものの違いが鮮明になってきたように思います。

時々思うのですが、ことポール・マッカートニーに関しては、きっと「バンドをやりたい!」という気持ちが強かったのではないでしょうか。

サージェント・ペパーズという架空のバンドをつくったり、ゲットバック・セッションを行ったりと・・・。

また、ポールは、ビートルズ解散後も、近くにいてくれる相棒を欲していたのではないか?
と、私は考えています。

ビートルズ時代にジョンがいたように。

続きを読む →