ケイト・ブッシュとビートルズ

kate-bush-kate-bush-21258566-1024-768
ケイト・ブッシュ(1958年生まれ)は、数あるアーティストの中でも、真の天才性をもったカリスマだと思います。

1977年に、デビュー・シングルとして発表した「嵐が丘」が、爆発的なヒットを記録しますが、メジャー・デビューに至るまでの道は、平坦ではなかったようです。

とにかく、自ら制作した音源を持ち込めば、ことごとく無視にも近い駄目だしの嵐だったとか・・・。

そんなケイト・ブッシュの才能を見いだしたのが、ピンク・フロイドのデビッド・ギルモアでした。

やはり、天才を見抜くには、受け入れる側も天才である必要があるという証左でしょうか。

続きを読む →

ゴールデンスランバーは物語のはじまりであり終わり

c0023278_19185382
アビーロードのB面に収録されたゴールデンスランバー(Golden Slumbers)。
ほんの数分で終わってしまう、作品ですが、印象的なピアノのイントロから入り、思いのたけを乗せたようなポール・マッカートニーの歌唱が、非常に心を打つ作品です。

まさに、歌い上げるという感のあるポール・マッカートニーのボーカルが印象的で、短い作品にも関わらず、壮大なナンバーに思えてくるから不思議です。

このゴールデンスランバーが生まれるいきさつは、一冊の絵本にあったと言われています。

続きを読む →