演奏者としてのポール・マッカートニー

img_4
ポール・マッカートニーといえば、数え切れないほどの名曲を生み出した、文字通りのヒットメイカーだと言っていいでしょう。

特に、バラードやラブ・ソングでは、ポールの真骨頂たる永遠の名作が沢山世に出ていますね。

今回は、ポールを語るとき、ソング・ライターとしての才能への賞賛に比べれば、演奏者としてのポール・マッカートニーがクローズ・アップされる機会が少ないのではないか?
ということなどを書いてみたいと思います。

続きを読む →

緊迫感に包まれたアビーロードの収録スタジオ ヨーコの存在をポールが語る

beatles-abbey-road
ビートルズとして最後に録音をしたのが、アビーロードですが、アルバムの出来映えとしては、見事!だと、私は思っています。

収録された楽曲達も素晴らしいし、コンセプトをもったアルバムとして、全体を通じて非常に完成度の高い出来映えとなっていますね。

しかし、後年ポール・マッカートニーが語ったところによれば、このアルバムの収録作業は、ある種異様な雰囲気の中で行われたとのこと。

そこには、ヨーコの存在があったとポールは言います。
続きを読む →

時間に追われる生活を皮肉ったジョンの作品 眠らせておいてくれ

Revolver
時にジョンは、時間に追われ、走り回る生活に対して、自虐とも思えるけだるい曲を創っていますね。

その代表格のひとつが、アルバム、リボルバーに収録されている「アイム・オンリー・スリーピング」だと思います。

このけだるい感じの歌、そして演奏は、絶妙な表現力ではないでしょうか。

続きを読む →

ビートルズが最後にバンドとして輝いた瞬間 The End

the-beatles-let-it-be
長く、4人組のバンドとして、幾多の栄光と試練を共有してきたビートルズにも、終わりを迎える時がやってきます。

その活動後期には、もはやバンドとしてというより、個々人が、それぞれに表現したものを集合体にするというスタイルにもなっていたビートルズ。

しかし、最後の最後に、バンドに戻った!
そんな曲が、アビーロード、B面メドレーのフィナーレを告げる「The End」だといっていいでしょう。

素晴らしい名演でした。

続きを読む →

ビートルズにあっても極めつけの美な曲

beatles
ビートルズは、レコードデビュー以降、様々な試行錯誤と実験を繰り返し、自ら成長していったバンドだと思います。

前例が少ない中で、よくぞここまで創り上げた!と、驚愕させられることも度々。

ロックンロールあり、ブラックテイストあり、時にはバロック風味が効いたナンバーなど、音楽の垣根を取り払いつつ新たな世界観を構築した彼等の実績は、言葉では表現できません。

もちろん、ビートルズがつくったナンバーの中には、極上のラブ・ソングも多かった。
あまりにも美しい曲達。

続きを読む →

唯一リンゴ・スターだけが録音に参加したビートルズ・ナンバー

ringo starr
ビートルズといえば、どうしてもまず話題になるし注目されるのは、ジョン・レノンとポール・マッカートニーでありましょう。

その二人に次ぐ立ち位置にジョージ・ハリスンがいて、限られた楽曲をアルバムに挿入していた。

さて、彼等とは、ちょっと異なる存在としてリンゴ・スターがいます。
結論からいえば、私自身は、リンゴ・スターがいなかったら、ビートルズではない・・・というほどに思っていますが。

そんなリンゴが、唯一、一人だけで録音に携わったナンバーがあります。
続きを読む →

ジョンとポール アルバム「ラム」を巡る写真のやり合い

mccartney-fondles_ram
ビートルズ解散後の1971年に、ポール・マッカートニーは、「ラム(RAM)」というアルバムを発表します。

この作品は、チャート上でも、それなりにヒットを収めますが、ポールの周辺にいた人々にとっても、その出来映えに賛否は大きく別れていたようです。

いずれにしても、実にポールらしい作品のひとつだということは言えると思います。

牧歌的なアルバムジャケットが、ほのぼのしますが、実は、このアルバムの中に、間接的なジョンへの批判とも思える内容があったとかで、ジョンはすぐにアンサーソングを発表します。

続きを読む →

ジョン・レノンの心の歌 ジェラス・ガイ

smiling-john-john-lennon-16689563-580-461
ジョン・レノンは、究極のワンフレーズとも呼べるような、シンプルな言葉で、メッセージ性の強いナンバーをつくることがよくありました。

また、時には、造語を駆使し、その真意を探るに何年もの歳月を要するような難解な単語を使うこともあった。

しかし一方ジョンは、時に、自らの心の奥底に潜む、赤裸々な人間としての心を、あまりにも素直に表現した作品も世に送り出しています。

その代表格が、「ジェラス・ガイ」ではないでしょうか。

続きを読む →