今宵のビートルズ ガール(Girl)

6fb01238
夜、休む前に、何らかの音楽を聴くことが習慣になっています。

その日の気分にあわせて流してみるのです。

一人、孤の時間も大切なものですね。

今宵のビートルズ・ナンバーは、ガール。

ご存知、ラバーソウルに収録されたナンバーで、ジョンのちょっとけだるそうで、淡々と歌うイメージが素敵です。

私は、このガールという曲を聴くたびに、ある物語のようなものを思い浮かべます。
また、詩の一章でもあるかのようにも・・・。

Is there anybody going to listen to my story

楽器によるイントロもなく、この歌い出しではじまるガール。
なんと、詩的なのでしょう。

また、後年、1980年のこと、ジョン・レノンは、自身のラスト・アルバムとなったダブル・ファンタジーを発表しており、そこに収録されたナンバーに、ウーマンがあります。

ビートルズ時代のガール。
ジョンとして晩年のウーマン・・・。

ジョン・レノンは、このウーマンを称して、「1980年版のガールだよ」とも言っていたそうです。

だとしたら・・・・。

ウーマンは、女性、さらには人々への感謝の気持ちを歌った曲だと聞いています。
ジョン・レノンにとってのビートルズ・・・・。

その謎を解く、ひとつの鍵になるかもしれません。

今宵は、ガール、そしてウーマンで。

Good Night.

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]