ビートルズと言葉のパワー

The-Beatles-the-beatles-27518641-1024-768
ビートルズの魅力は?といえば、それはもう、数え切れないほどのものがあると思います。

おそらく、語り尽くすことなど、誰であっても不可能ではないでしょうか。

そんなジレンマを抱えつつ、私としては、その断片をひとつずつ、拾ってゆく作業しかできません。

今回は、彼等ビートルズの言葉のパワーについて、触れてみたいと思います。

スタジオワークに専念するようになった、いわゆる後期と呼ばれる時期にあっては、結構難解な歌詞もあるし、ジョン・レノンの言葉遊びと申しますか、お得意の造語も数々出てくるわけですが、基本的にビートルズの言葉は、非常にシンプルで、それでいて心を揺さぶるビートが込められていると、私は思っています。

例をあげたらキリがありませんが・・・
Love Love Me Do,You Know I Love You.

Please please me, whoa yeah, like I please you.

Eight days a week, I love you.

All you need is love.All you need is love.All you need is love, love.Love is all you need.

などなど、英語が出来ない人であっても、つい口ずさんでしまうような言葉のパワーをひしひしと感じます。

シンプル イズ ベスト!などとも言われますが、ビートルズが、独特のビートに乗せて歌う歌詞達は、まさしく世界中の人々から愛され、受け入れられる鼓動を持っていたのではないでしょうか。

20141211030037f22

ビート、リズムを殺さず、それでいてストレートに響いてくる彼等の言葉。

今、聴き直しても、言葉の魔術としか思えないほどのものを感じます。

また、時にみせるジョン・レノンの詩人あるいは語り部のような歌詞・・・。
これらにも、物語性とメッセージ性が、詰め込まれており、実に興味深く思います。

ジョン・レノンの歌詞、その物語性については、いつか稿を改めて、じっくり向かい合ってみたいと思っています。

いや~、本当にビートルズは、魅力あふれるバンドであり、いつになっても、その核心に迫れません。
これからも、日々、彼等の魅力、そのごく一部ずつですが、出会いたい!と思うし、ビートルズが活躍した時代に、旅してみたい思いです。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]