オール・シングス・マスト・パスに漂う無常感

DSC06030
平家物語。
あのあまりにも有名な序、祇園精舎の語りでは、こう謳われています。

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす」

また、鴨長明の方丈記では・・・
「行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。淀みに浮かぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例(ためし)なし」
という有名な書き出しがあり、いずれも無常感に満ちたものとなっています。

さて、ジョージ・ハリスンが、ビートルズ解散後にソロとして、1970年に発表したアルバム「オール・シングス・マスト・パス(All Things Must Pass)」は、LP盤にして3枚組という大作にして、不朽の名盤と言われています。

このアルバムは、楽曲の素晴らしさは勿論、気絶するほど麗しいミュージシャン達が、レコーディングに参加しています。

その件については、後日触れるとして・・・・。

アルバムのタイトル曲となった「オール・シングス・マスト・パス」。
そのタイトルからして、私は、無常感をひしひしと感じるのです。

ジョージは言います。
「すべてのものは過ぎ去ってゆく」

切々と歌いあげるバラードに、東洋の香りを感じるのは、おそらく私だけではないと思います。

今回は、あえて、ポール・マッカートニー&エリック・クラプトン・バージョンでどうぞ♬

この曲を、あのジョージのスカウサー的な発音で歌われると、本当に心にしみます。

希代の名曲だと思うし、私の人生にとっても、大切な1曲です。

すべてのものは、うつりゆく。
ひとつところにとどまらない。

インド音楽にも傾倒していたジョージ・ハリスン。
そんな彼の人生を象徴している歌にも思えてきます。

美しい歌をありがとう。
ジョージ!

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]